読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高野山まっぷる

高野山は世界遺産にも登録された弘法大師が開創した真言密教の聖地

電気がなく灯明だけで朝の勤行をする宿坊『親王院』

宿坊

f:id:korokorohouse:20161003111254j:plain

親王院は壇上伽藍の裏手側に位置し、蔵造りの本堂は高野山の中でも最古の建築様式のお寺です。

その本堂は未だに電気が通ってなく、昔ながらの灯明だけが歴史と風情を漂わしています。

 ご本尊は円珍作の不動明王が祀られており重要文化財にもなっています。

また、上段の間の襖絵は江戸時代の仙台藩御用絵師の狩野派菊田伊洲作で、宿泊した時には一見の価値があります。

余談だが、ここ親王院のご住職は高野山の美坊主として知られている。

 

〒648-0211
和歌山県伊都郡高野町高野山144

☎ 0736-56-2227