読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高野山まっぷる

高野山は世界遺産にも登録された弘法大師が開創した真言密教の聖地

興教大師覚鑁が開創した宿坊『密厳院』

f:id:korokorohouse:20161105125710j:plain

出典:岬を訪ねて三千里

密厳院(みつごんいん)は、弘法大師の教えをついで高野山の中興(ちゅうこう)に尽力を尽くした興教大師覚鑁(こうきょうたいしかくばん)が平安時代後期に開創した宿坊寺院です。

しかし、1140年の内紛により焼き払われたためその後再建、現在の建物は昭和6年に改築されたものです。

 ご本尊は金剛界大日如来で、本堂には覚鑁上人像と弘法大師像が祀られています。

山門横にある石童丸物語の哀話で有名な苅萱堂(かりやどう)は密厳院所属のもので、訪れる人が絶えません。

場所は奥の院表参道に近く、メイン通りの国道371号線沿いにあり奥の院参拝に行くのに便利です。

朝の勤行のほかに写経(有料)の修行体験ができます。

 

〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山479

☎0736-56-2202

高野山駅より南海りんかんバスで苅萱堂前下車すぐ