読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高野山まっぷる

高野山は世界遺産にも登録された弘法大師が開創した真言密教の聖地

快慶作の阿弥陀三尊がご本尊の宿坊『光臺院』

宿坊

f:id:korokorohouse:20161007110421j:plain

光臺院山門 posted by(C)poco

 

光臺院(こうだいいん)には快慶晩年の作と言われている阿弥陀三尊(阿弥陀如来観音菩薩勢至菩薩)がご本尊として祀られています。

場所は金剛峯寺より360mほど離れた高野山の一番北側にあたり、バス通りからも100mほど離れている杉の大木に囲まれた非常に静寂なお寺です。

光臺院の宿坊は他と違って大々的に宣伝をしておらず、まさに本来の宿坊といった感じで、お寺そのものに格式を感じられます。

庭園は境内に3つもあり、その内の2つは高野山では有名な重森三玲による作庭で、内一つは国の登録文化財に指定されています。

ひっそりと営まれているので隠れた宿坊として人気があります。

なお、本寺院の一般拝観は前もって承認が必要となります。

 

〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山649

☎ 0736-56-2037

高野山駅からりんかんバスで10分、警察前バス停下車後、徒歩2分

乗用車10台(無料)